スポンサーリンク

螺旋の軌道

別居した今でも
スポンサーリンク

自分が嫌いな人、苦手な人、過去に嫌なことをされたことがある人。

そういった人に不意に何かを施してもらったり、助けてもらうことって、しんどくないですか?

少なくとも少し前までの私は、「あ、これを今助けてもらったら、このことを理由に後々たかられるかも?」とか「これを受け取ったら交換条件で何かまた厄介なお願いをされるかも?」とか、裏の裏まで考え、また何かされるかもしれないと思い、相手の気持ちを素直に受け取ることが難しい人間でした。良く言えば注意深く、危機管理能力があるのかもしれませんが、私はそういった人たちに対して、特に疑り深く、警戒心が強いのだと思います。

実の母に対しては、私がうつになりかけたことを助けてもらったきっかけに、ほとんど言葉の裏を読もうとすることはなくなりましたが、義母に対しては、以前よりマシになったようには思いますが、まだ時折、そういった言葉の裏を読もうとする癖が出てきてしまいます。

「買ってきたからあげる」と差し出された野菜やくだものと一緒に、旅行に行こうよと何日もかけて、何度もそうして誘ってくる義母。この差し出される野菜やくだものは、旅行に連れ出すための交渉材料の一つなのかな、と最近は思ってしまったほど。今私はまた義母が苦手と感じている時期なのでしょう。

コロナが流行する前までは、相手も落ち着いているように見えたし、私も義母に対して昔ほど何かを思うことは減っていました。

しかし春休みの娘の一件から、今まで好いてた娘も、おばあちゃんと遊びたいと言わなくなってしまったし、私も夫も少しは義母を信じてみようとしていたところだったから、なんだかまた裏切られた感じがして、がっかりしていた所に、今回のこの旅行攻撃。

義母はわからないでしょうが、私たちにはまた距離が必要なんだ。離れては、少ししてまた歩み寄って、そしたらまた何かが起こって、また離れる。なんだか義母との関係は、その繰り返しの気がします。

N子さまのご主人様の所長が仰ってたことだけど、『物事は螺旋状に進んでいく』らしいです。

本当にそうかもしれない。これからの付き合いもきっと、螺旋の軌道に則って、同じようなことを繰り返しながら未来に進んでいくのだと思います。

しかし、今私が心のどこかで思っている「自分は無茶苦茶な義母が居て、苦労している嫁」という被害者意識を捨てなければ、同じところを回るだけで、前には進めないのだとも思います。

実の母親にだって、「母親の教育に振り回された可哀そうな子」という被害者意識を捨てて、ちゃんと向き合えるようになるまで30年以上かかっているんだから、義母との関係もちょっとやそっとじゃ改善されないと思っています。義母には実母と同じように、間違っていると感じた事や、迷惑に思うことはきちん伝えて断らなければなりませんし、義母のご機嫌を取るつもりは相変わらずないし、実母でない分、伝え方も考えなくてはならない。これはなかなかレベルの高い、神様から課された訓練です。😅

それでもいつか、今ある義母に対する怒りや自分の被害者意識を手放せたら、次は今よりも上の螺旋に進んで昇って行けるのかもしれません。

義父からもきっとお願いされたことだと思うから、

今は疲れていても、時間をかけてゆっくりと、

なかなかできない自分に絶望しないで、あきらめずに続けたら、

そうしたら、いつか値踏み無しで、素直に義母から施される物事を、きっと受け取れる日がくるのだと思います。


人間関係ランキング

親子関係ランキング

姑日記ランキング

家族日記ランキング
いつもありがとうございます。.

スポンサーリンク
別居した今でも
スポンサーリンク
シェアする
Meisuiをフォローする
楪~yuzuriha~

コメント

タイトルとURLをコピーしました