スポンサーリンク

「お世話になりました」

同居のこと
スポンサーリンク

前回の話はこちら

家の購入にサインをしたものの、重要な引き渡し時期はまだまだ先で、約3カ月後。結局引き渡しまで、実家に居させて貰うことにはなったのですが、やっぱり義母の機嫌は直りません。

そしてやり場のない怒りは、血のつながりがない嫁の私にあててきます。

「あんたがそそのかしたから」「あんたのせいで」

堂々としていよう、あと少しの辛抱!と、頭で理解していても、辛いものはやっぱり辛かったです。。

「ストレスの元から距離を置く。」

「困ったら一人にならない、そのジャンルのプロを選んで、人に相談。」

以前、みに先生にそう言われていたことを思い出しました。

義母がいつ義弟の家から帰って来て、また雰囲気が悪くならないとも限らない、居づらいところで神経を尖らせいるよりも、外に出て希望が持てることをしようと、家電や家具を見て回ったり、不要なものは処分したりと精力的に新しい生活に向かって活動していました。

そうして、気持ちを強く持って前向きに、正しい方向の努力で頑張っていると、不思議と周りが助けてくれました。

義母の家で辛いことがあった時、いつもタイミングよく私を誘ってくれて、家を出る用事を作ってくれるママ友さん。おかげさまで、笑っていられました。本当にうれしかった。

家庭菜園でとれた旬の野菜をたくさん、プレゼントしてくれたママ友さん。そのおかげで食べて栄養たっぷり、元気に動けたよ。ありがとう。

新築祝いね、と言ってアロマポットを送ってくれた古い友人。

良い香りも「気」を巡らすらしいです。おかげさまでよく眠れて、朝おきても、スッキリでした。

そしてみに先生のスクールでも、相変わらず「辛いことはため込まないで、吐き出さないと」と言ってクラスの先輩方にも話を聞いてもらって、更に義母との付き合い方のアドバイスも貰っていました。

本当に周りの人たちに支えられて、励まされて、頑張れた3か月だったと思います。

ようやく新居を引き渡されてからは、近所なだけあって、夫の仕事の後に少しずつ、自家用車や台車を使って引っ越し作業をして、一週間ほどで完了。

最後に使わせてもらった感謝も込めて、実家の水回りとエアコンは業者さんにもお願いしたりして、念入りに掃除をしました。

義母にも「おせわになりました。ありがとうございました。」と、その時には本当に感謝を込めて礼を言って家を後にしましたが、相変わらず不機嫌なままでした。💦息子が二人、それぞれ歩いていけるところに住んでいても、不満と不安でいっぱいなのでしょう。

そうして私たちは時間はかかるかも知れませんが、少し距離を置くことで、いつか適度な距離感で付き合えることを祈って、新生活を始めます。


姑日記ランキング

人間関係ランキング

専業主婦ランキング

スポンサーリンク
同居のこと
スポンサーリンク
シェアする
Meisuiをフォローする
楪~yuzuriha~

コメント

タイトルとURLをコピーしました