スポンサーリンク

定期的にやってくる「2人目作らないの?」問題

スポンサーリンク

昨日突然義母がやってきました。

別居したといっても、義母の家から徒歩5分、500mも離れていないのでいつもの事で毎回突然の、アポなしの訪問です。💦今の義母の関心は夏用の涼しい布マスクを、どうやって手に入れるか。同居している義弟君は仕事で相手にしてくれないので、大体時間の融通が利く、私が今でも相談相手に。SiriやGoogleにものをたずねる位のノリで色々聞いてきます。

この前の土曜日、私はあるお店で保冷剤が入る夏用の布マスクをゲットしたのですが、それを見せたら気に入ったらしく、次回の入荷の日に自分と義弟の分も買いたいから一緒に連れて行って欲しいとのこと。💦小一時間ばかり整理券をもらって一緒に並んであげる覚悟をして約束をしたのですが、暇だったのかそれで終わらず雑談に突入しました。そこで言われたのが、わりと定期的に言われる「2人目でも子供つくったらどう。?」発言。そして今主婦してて暇なんだし、と。アルバイトを辞めざるを得なくなったのはコロナと半分はお姑さんが原因なので正直板イラッとしましたが(それも後で書きたい!)、何を言っても、何度言ってもわからない相手に怒っても仕方ない、スルースキルの発動です。

「もうそんなに若くないし、夜中起きれないし、しんどくてこっちが死んじゃいますよ、ははは~」なんて笑ってごまかしましたが、少し前なら完全にアウト。今でもまだちょっと嫌な気分にはなります。

私は若いころから、それこそ高校生くらいから子宮内膜症で生理痛がひどかったのですが、若いときはそんな病名も知らず、ずっとそうだったから生理ってそんなもんだ位にしか理解していませんでした。結婚して子どもが欲しいと思った時になかなかできずに検査をしたら、合わせて高プロラクチン血症というホルモンの状態にもなっていて不妊治療も少ししました。人工授精も試して、全部失敗して、あとは体外受精の為に他院に紹介状をという状態になったときに、東洋医学の鍼治療と漢方を選んで、つらかった西洋医学のホルモン治療から一度離れてみようと思いました。私の体質が東洋医学にあっていたのでしょう。甲斐あって今のうちの子を授かることができ、私がその原点である中医学に興味を持つきっかけにもなり、おかげさまで現在に至るわけですが、ホルモン治療中の義母の暴走はすごかった・・・。

孫ほしさに子宝に恵まれるという温泉を口コミで探して、夫と二人で行ってきなさいと勝手に予約され、代金も支払い、夫が会社を休めるように経営者の叔父に直談判。行かざるを得ない状況に追い込まれて仕方なく行ったり、「試験管ベビーはいくらあったらできるの?」と言われて体外受精費用を出すから作ってこいと言われたり。人に話すと、うそでしょ?とか、こんな姑いる??と疑われるレベルの出来事がいっぱいありました。もちろん話は盛っていませんし、全部実話です。😿

娘が産まれてからも、今度は男の子が欲しいといいだして、しかも夫の仕事を継がせて、養子に出して、叔父の会社を乗っ取ってやりたいとか、謎の野望まで持ち出す始末。私も子供も人扱いされてないなと感じました。犬猫と一緒、義母はブリーダーなのかと思ってしまうほど。。ましてや一人目にあれだけ苦労した人間に言う言葉じゃないと思います。

正直なところ、今もまだ子宮内膜症は子宮内膜ポリープになってしまっていて、定期的に受診が必要だし、それこそ子供をまた望むなら治療をと医師に言われていたりします。他にもコロナもそうだし、自分の体調も、夫が転職して以前より給料が下がったことも諸々含めて娘には申し訳ないですが、私たち夫婦は2人目は無理と判断しています。でもそれを義母に言ったところで理解してもらえないし、むしろまた暴走するので言わないでおこうと思います。

しかし残念ながら、義母本人は温泉を紹介したり、お金を出したり、むしろいいことをしてあげたとしか思っていません。2人目のことも養子に出すという謎すぎる野望も、何の気なしに言っているだけで、なーーんも考えてなんていないようです。最初はそれが理解できず、そういう考え方やそのように人と接することしかできない義母に毎度腹を立てていました。しかし当人はお構いなしです。どれだけ私が腹を立てても、怒っても、反論しても、ノーダメージ。かつ、私がなぜそのようなことを指摘するのかも理解できていないようですし、むしろ自分は正しいと思っている節もあって直そうとも思わないようです。なので、こちらの認識を改めました。相手に変化を求めるより、自分が変わっちゃったほうが早いと思います。まともに受けるだけ無駄なんだと思います。一応義母だから、いつかはまた年老いた時にもっとかかわらなきゃならないけど、その時までに、自分の軸だけはぶれないように、心の持ち方、それ相応の対応の仕方をもっと学ばなきゃと思います。


専業主婦ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました