スポンサーリンク

たけのこご飯

中医学
スポンサーリンク

ほぼ1週間ぶりに義母さんから電話が来ました。

「また湿布かな?」なんて思って出たら今回は違いました。

『知り合いから大きなタケノコを貰ったんだけど、下処理する気力と力がなくて。

 半分あげるからあく抜きをやってくれない?』

『あれから疲れちゃって、暫くはゆっくりとダラダラすることにしたの。』

てっきり湿布貼っての電話だと思っていたから、思わず

「…へっ??」なんて変な声が出てたと思う。

だって内心は「う~わ、今年もめんどくさいの来た。」って感じです。同居してた頃に頼まれて、やったこともなかったけど、仕方なくクックパッド見ながら見様見真似でやったのが最初。以降時々頼まれるようになりました。💦

タケノコ、美味しいけど下処理に時間がかかるんですよね。

湿布貼りのがどれだけ楽か・・・。(笑)

泥をよく洗って、

皮を剥いて、先を切って、

鷹の爪とぬかで1時間くらい煮て、

冷めるまで鍋のまま置いて。

多分半日はかかります。でもなあ・・・💦

「自分に必要最低限のことだけして、ゆっくりしてね。」

前回確かに私、そう言っちゃったわ・・・。😨痛いところ突かれて利用された気がしなくもないですが、今回も仕方ない・・・。

そうして手に入れた、タケノコで炊き込みご飯を作りました。

これなら子どもも喜んで食べます。

『買ったら結構高いのよね。』

茹で上がったタケノコを届けた時、義母がそう言ってたので、スーパーでタケノコの値段をチェックしたら、ホントだ。頂いたものより少し小さいサイズで1000円近くの値段がついていました。そう思えば大変だったけどラッキーか・・・。

この炊き込みご飯は牛肉のしぐれ煮の缶詰を利用していた、みに先生の炊き込みご飯のレシピにヒントを貰いました。そこに牛肉とニンジンとタケノコを加えて、味を整えて炊きました。(味付けは醤油、酒、砂糖など自分の加減で。適当過ぎて詳しい分量わかりません💦)

本当はいろどりで三つ葉が欲しかったけど、買いに行く時間がなく、作っておいた浅漬けを添えて代用。なんとなくの分量で作ったけど、それでもなかなか美味しくできたと思います。缶詰を使うと味が決まって楽できますね。

そしてあとは炊飯器がやってくれますし。(笑) それこそ、料理が得意じゃない&楽したい私にはありがたいメニューの1つです。

<おまけのタケノコの効能> 

食性:寒 食味:甘・苦 入経:胃・大腸

熊は冬眠から覚めると先ず、眠っている冬の間にたまった老廃物を出すために「ささの葉」を食べるそうです。老廃物を痰として出す作用がタケノコにあることを熊が知っているなんて。自然界の仕組みとそこに生きる生物の関係性には驚かされます。その他、消化促進機能がありますが食性が“寒”なので胃腸の弱い人の多食はダメらしいです。

スポンサーリンク
中医学食材の効能
スポンサーリンク
シェアする
Meisuiをフォローする
楪~yuzuriha~

コメント

タイトルとURLをコピーしました