スポンサーリンク

日本の食生活ってスゴくない?

中医学
スポンサーリンク

1月も後半になると、新年感も薄れていつも通りの日常モード。

今年も新年最初のみに先生の授業には、今年も実家から送られてきた、静岡の緑茶をお持ちしました。(過去記事→緑茶のはたらき

しかし今年はそこに海苔もプラス。

同じく親戚のお茶屋さんから頂いた海苔なのですが、味が濃くて厚い美味しい海苔なんです。スーパーで並べば、自分ではなかなか買えない値段のものだろうな~💦、なんて思います。そんなちょっと高級な海苔だから、先生なら上手に薬膳に活かしてくれると確信があるのでお渡ししているのですが、このお海苔、お値段に関係なく、ウイルスに効果があるらしいのです。

海苔には高マンノース結合性レクチンというウイルス活性化を防ぐ成分が含まれています。2016年には新型肺炎ウイルスを無効化・若しくは重症化しにくくする食材として、その成分を含む食材の摂取を奨励する論文も出ていたそうで。

(参考サイト:植物レクチンの構造・機能と疾患生物学・免疫学への応用 | 認知症・コロナウイルス予防・回復ブログ アルツハッカー (alzhacker.com)様)

<重症化を防ぐ食材>

海藻類・・・海苔・わかめ・ひじき・昆布 など

きのこ類・・・なめこ・きくらげ など

(特に粘り気のあるものが良いようです)

でも、なんかこれって私達普段から良く食べていませんか?

手に入れるのに苦労するものでも、お高いものでもなく、近くのスーパーで手軽に買えるものです。お茶と一緒ですよね。

少し前にニュースで欧米のコロナの感染者数に対してアジア圏は感染者も少なく、死亡者数も少ないのは何故か?なんて言われていました。でも例えば

韓国なら韓国のり。

中国はきくらげ、キノコ類。

料理で良く出てくるなあなんて思いますが、(スミマセン、海外のことに疎いのでそれくらいしか思いつきません。💦他にももっとあるのかも?)きっとそういった昔ながらの食生活で、知らない間にウイルスから身を守っていたのかもしれません。

勿論手洗い、うがい、マスク、緊急事態宣言が出たのならばそれに準じた対応をすることは大切です。しかし、私たちは体に良いものを自然と摂取する生活スタイルが出来上がっているから、必要以上に不安にならなくてもいいんだな、と思えます。

そして純粋に、昔ながらの食生活って理にかなっていてすごいなあと、なんか感動してしまいました。 お茶と同様、身近なもので、今あるものでやっていく(既にやっていけてるのかも?)ことに今年も重点を置こうと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました