スポンサーリンク

血は争えない

土地の裁判記録
スポンサーリンク

昨日、外出から戻るとポストにまた例の裁判の書類らしきレターパックが入っていた。

義母が弁護士と契約したのに何故直接うちに届くのだろうと不思議に思ったのですが、送られてきてしまったものは仕方ない。夫はあいにくその日は当直。正直見たくも知りたくもない、義家族と遠い義家族の親戚の裁判の書類に目を通す。入っていたのは

準備書面

証拠説明書

その遠い義家族の親戚は義母もびっくりするぐらいの非常識な人たちらしいのですが、同封されていた相手の陳述書に目を通すと、驚いたことに事実とは違うことがいくつも書かれて、相手の弁護士の名前で公式な書類とされていました。

中でも一番驚いたのが、夫が相手方が以前頼んでいた司法書士と電話でやり取りをしたと書かれていて、そんなにも堂々と嘘をつけることに驚きました。念のため夫に連絡して事実を確認してみるも、やっぱりそんな電話はしたことがないと。

この土地の相続は義母が業突張って、今は亡き義祖母に遺言状を書かせ、兄弟の反対を押し切って、更には当時同居していた時にいずれ実家を相続するときにの相続税として貯めて持っておくという名目でうちの夫を1/3の持ち主にしたのに、義母のわがままに巻き揉まれるのはもうごめんだということで、私達はもう1/3夫の名義にされてしまったから仕方なしに、最低限しか協力しないことにしているので、もちろん相手の司法書士にコンタクトすることもない。

ほんっと気持ち悪いな~、なんて夫と話していたら

夫「俺は知らないんだから、中身なんて見ないでいいからもうテキトーに母さんに渡してこいよ。」

それを言われて久しぶりに夫にキレました。

Meisui
Meisui

知らんぷりできるもんならしたいけど、サインして1/3の持ち主になったのはアンタでしょうが!!

送られて来たものなんて本当は見たくないよ。でも、そうやってあることないこと書く相手と、信用できない義母の裁判だから、名義人になってしまった以上、すこしは把握していくしかないでしょ?!

最も義家族であんた以上に顔も知らない親戚の裁判に家にいるからって巻き込まれて、結局私がやることになってるじゃん。なんで私の方があんたよりそっちの親戚や事情に詳しくなってんだよ?!

あんたの親戚一体どうなってんだ!?

やっぱり血は争えない。夫もしょせんあの一族の端くれなんだなと思ってしまいました。そういう無関心から義母をほっといて好き勝手やらせて、今まで私達はひどい目に遭ってきたのに、学習能力はないのか??そういうしょうもない親戚を持ったことに慣れてしまって何も思わないのか??

私がキレたらあっちも逆ギレして

夫「電話したことについて知らないって言っただけだ!!関係ない、まったくやらないとは言ってない!!」

なんて言って電話を切られたけど、知ったことか。

仕方ない。とりあえず義母の所に届いたものを持っていくしかない。また面倒事を寄越してきて嫌だなと思いながら、義実家へ向かいます。

にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村

姑日記ランキング
いつもありがとうございます。🙏

スポンサーリンク
土地の裁判記録
スポンサーリンク
シェアする
Meisuiをフォローする
楪~yuzuriha~

コメント

タイトルとURLをコピーしました