スポンサーリンク

ことのはじまり

PTSD
スポンサーリンク

ある日の事。

娘はいつも通りに学校から帰って来ました。この日のおやつは、紀子さまから頂いた、新宿高野のイチゴのショートケーキ。

『すごーい!生クリームが美味しい。普段生クリーム好きじゃないけど、ここのは全然食べられる~。』と、大満足。私も娘のその姿を見て、大満足!

そこに学校から電話がかかって来ました。担任の先生から

「娘さんは帰られましたか。変わったところはないですか?」

なんて聞くものだから

「今着きまして、おやつを食べています。なにか学校でありましたか?」

と不思議に思い聞くと、

担任「今日、掃除の時間に図書室掃除を娘さんはしていたのですが、図書館に来ていた上級生の男の子を掃除が終わって、教室に戻るように彼を注意をしたら、その上級生が怒りだし、頭を数発殴られました。足も蹴られたようです。」

「・・・はい?!」

言われた時は意味が解りませんでした。頭が真っ白です。

本人は何も言わないし、今も機嫌よくケーキ食べてる。どういうこと?なんで?平気なの?

担任「頭を殴られたので保健室に行って保冷剤で冷やして、しばらくしたら大丈夫そうだというので、6時間目の体育も参加させました。相手の男の子は上級生ですが、何か強く言われると暴力をふるってしまう傾向がありまして。こちらの監督が不届きで大変申し訳ありませんでした。後日、彼から謝罪するように促しますのでよろしくお願いいたします。」

私は驚きすぎて、何がなんだかわかりません。電話を先生につなぎながら、娘にそんなことがあったのか?と聞くと『あった~、けど殴られたところも痛くなくなったし、べつに良いかなと思って言わなかった~。』なんて呑気なことを言っています。私は頭が真っ白のまま。

説明できない衝撃を受けて、頭が痛くなりました。

この状態で、私は先生に

「大丈夫そうに見えますが、とりあえず様子をみます。ありがとうございました。」なんて話をして電話を切ったように思います。

記憶があまり定かではありません・・・。

電話が終わってから「大事な事なんだから、ちゃんと言ってよ!先生の話聞いてびっくりしちゃったよ!殴られて、保健室行ったんでしょ?!こういうのは大事な事!」なんて娘に言うと、

『殴られたんだけど、驚きすぎてあまりよく覚えていないんだよね~。』

なんて言って、宿題をやったら今日はちょっと疲れたから昼寝すると言って寝てしまいました・・・。

本当、色々と意味が解らない・・・。しかし、普段学校帰ってきて昼寝なんてしないから、よっぽど緊張して疲れたんだろなと、少し寝かせておきました。

そうして、美味しいものを食べて寝たらスッキリしたのでしょうか。その時のことをちょっとずつ話だしました。

『その上級生はよく暴力を振るって、注意してもなかなか治らないって近くにいた先生が言ってた。』

『最初は口頭でその男の子に注意したクラスの他の女の子を狙ってた。でもその娘は走って逃げて、逃げきられてしまって余計腹が立ったのか、また戻ってきて近くにいた私と、もう一人近くに居たクラスの男の子を殴った。』

なんて言い出して。それってただの八つ当たり。しかも掃除の時間。図書室は娘のクラスが担当なんだから、その上級生がさぼって図書室来て本読んでるのを、下級生に注意されたら面白くなくなってキレたって話ですよね。なんって理不尽・・・。

本気で腹立たしい・・・。

「なんで、上級生がそんな時間に図書室来てるの?」って娘に聞いたら、

『今日は見張りの先生が居ないから、良いんだ。みたいなことを言ってたから自分の持ち場を勝手に抜け出してきたんだと思う。』と。

完全に確信犯だ。絶対反省なんかしないな、その子。ルールすら守れてない。

でも、近日中に謝るように促すって担任が言っていたし・・・。とりあえず学校の指示を待つしかないか、なんて一見娘も元気そうだったので、悠長に構えてしまったのが今思えば失敗だったかも知れません。

今思えば、その時は私も娘も自分がPTSDになっていることに気づいていませんでした。

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

人間関係ランキング
いつもありがとうございます。🙏

スポンサーリンク
PTSD子どもの頃のこと
スポンサーリンク
シェアする
Meisuiをフォローする
楪~yuzuriha~

コメント

タイトルとURLをコピーしました