スポンサーリンク

流行りに備える

雑記
スポンサーリンク

今年は自分が病気にかかって、病院に行くことも少なくなり、なんだかのんびり構えていたから、インフルエンザの予防接種のこともすっかり甘く見ていて、気が付いたころにはすっかり品薄になっていたのが10月末。

やっと最近になって入荷したのか、今週になって予防接種を受けることが出来ました。💉

去年も予防接種はしたけれど、娘は学校で流行っていたからもれなくかかって、6日程度学校を休んだけど、親2人はどうにか感染せず。娘も高熱にはなったけれど、特有の関節痛・筋肉痛がほとんどなく、痛みは少なかったようで。やっぱり打っておくと多少なりとも効果はあるのかなあと、「主婦だからいいか!」と思わずに、毎年必ず予防接種しています。

実際自分もかかって、一番重篤になったとしても、家事や看病をしてくれる人が他におらんので、かかる訳にはいかんのですよね。😭

そして、以前みに先生の所でインフルエンザと普通の風邪の違いを教えて貰ったなあ、なんて毎年この時期に思い出して、その時のプリントを読み返しています。(私、物覚えが悪いので。💦)

インフルエンザの特徴

潜伏期間は通常1~2日ほどで、その後突然症状が現れるのが特徴です。早くて24時間、遅くて4~5日、最大7日後とされています。

また、インフルエンザは気管支炎や肺炎を併発しやすく、重症化すると脳炎や心不全を引き起こすこともあり、高齢者や乳幼児、体力のない方、呼吸器疾患・糖尿病をなどの基礎疾患のある方は命にかかわることもあります。

インフルエンザと風邪の相違点

インフルエンザの感染経路

「飛沫感染」と「接触感染」の主に2つです。ウイルスに感染した人のくしゃみ・咳などで空気中に飛び散ったウイルスが、鼻やのどから吸入したり、ウイルスが付着した家具や器具に接触した手から感染します。

症状の比較

インフルエンザ風邪
高熱(38度以上)微熱(37度台~)
頭痛のどの痛み
関節痛鼻水
筋肉痛くしゃみ・咳
流行性疾患で全身症状が強く
重症化します。
全身症状は弱く
重症化しません。
流行期は12月~3月下旬一年中
冬に多い風邪は寒さで密閉された部屋で、空気が乾燥して
のどの粘膜の脱水が原因で起こりやすく、
また疲労やストレスが多いとき、体の抵抗力が
弱っている時などにもかかりやすくなります。
期間は通常6~7日
発症後3日くらいが
一番感染力が強い。
通常5~6日

今年はさらにコロナも

今年はコロナウイルス流行もあって、合言葉のように「マスク・手洗い・うがい・ディスタンス」と言われてきましたが、コロナに限ったことではなく、こうやって改めて見ると、普通の風邪でもインフルエンザでも、その心がけが自分の健康を守れる、今できる有効な手段なのだと再確認させられました。

また、コロナウイルスの感染が拡大してきましたが、その今できる予防法と、そのような状況下でも、今できる範囲の中で楽しむことを忘れず、自分の機嫌をとって生活していくことが、改めて大切だと思いました。

初めて迎えるコロナの冬。誰もが未知の体験ですが、正しい知識と行動、そしてその中でできる、楽しみとユーモアをもって乗り切りたいです。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村

専業主婦ランキング
いつもありがとうございます。🙏

スポンサーリンク
雑記
スポンサーリンク
シェアする
Meisuiをフォローする
楪~yuzuriha~

コメント

タイトルとURLをコピーしました