スポンサーリンク

からだにやさしいマッシュポテト

中医学
スポンサーリンク

味覚も遺伝するのかどうか、私にはわかりませんが、私も娘もバターが大好き。

バタートースト、バターライス、バターナン、ほうれん草のバター炒め、じゃがバターetc・・・。

バターのつくもの、バターを使ったお菓子は何だって美味しい。「バターは正義」と、子どもの頃からそう思っている私の中で揺るがない好物で、鬼婆だったけど子どもの頃に母が作ってくれた、しかも静岡の母の実家から送られてきた、大きなエビを使ったバターたっぷりのホワイトグラタンは、すごく美味しく、それだけは今でもよく覚えています。

しかしあいにく私は料理がうまくないから、グラタンなど難易度が高いものは作ってあげられないけど、娘にねだられても、自信をもって作ってあげられるものがあります。

それはバターをたっぷり使ったマッシュポテト。

結婚前は母と同じ台所に立つと、必ず喧嘩になって、料理を教わるなんて環境じゃなかったから、教えてくれたのは割と最近で、みに先生なのですが。😅

とても簡単で、料理がうまいか下手かなんて関係なく、手順どおり作れば間違いなく美味しいものができるレシピです。

マッシュポテト

<材料>じゃがいも5個 バター60g 牛乳200cc 塩少々

①たっぷりの水を鍋に張り、水に対して1%の塩を入れ、じゃがいもを水から茹でる

②箸がスッと刺さったら、湯から取り出し熱い内に皮を剥く

③マッシャーでつぶし、バターを入れる

④水気を飛ばすため弱火にかけながら、よくかき混ぜ、バターを溶かす

⑤牛乳を3回に分け状態をみながら加え、よく混ぜる

⑥裏ごしをし、塩で味を調える

工程はそれだけで、とても簡単です。

ひと手間ですが、これが重要。裏ごしをすることで、とても滑らかな舌触りになります。

食材の効能

じゃがいも・・・五味/五性:甘/平・涼     入経(作用する経絡):胃・大腸

◎気を整える作用があります。胃を健康に保ち、胃痛う・胃のむかつき・便通・腸の不調により、繰りかえす下痢に効果があります。

牛乳・・・五味/五性:甘/平     入経(作用する経絡):心・肺

◎気血:津液(体液・ホルモン)を生じさせ、腸を潤します。胃のむかつき・糖尿病・便秘の症状にも効果があります。

バター・・・五味/五性:甘/微寒     入経(作用する経絡):五臓(肝・心・脾・肺・腎)

◎気(エネルギー)けつとホルモン)を補います。渇きを止め、潤いを与えます。

これから乾燥する秋の季節には風邪の予防にもなります。

そのままマッシュポテトとして食べて美味しいのはもちろん、ちょっとアレンジをして、コンソメスープでのばし、ビシソワーズにして飲むのも美味しいです。

元気だったらフライドポテトも美味しいかもしれませんが、胃腸が弱っている今の時期に丁度いい、体にすっとなじむように入っていく、胃腸に負担の少ない、やさしい食べ方です。

また、冷凍することもできます。添え物として今晩のおかずにいかがでしょうか。🍴

にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村

専業主婦ランキング
いつもありがとうございます。🙏

スポンサーリンク
中医学 食材の効能
スポンサーリンク
シェアする
Meisuiをフォローする
楪~yuzuriha~

コメント

タイトルとURLをコピーしました